千葉県の概要と発展の歴史

千葉県は関東の南東部、房総半島に位置し、利根川を挟んで北部が茨城県、北西部が江戸川を挟んで東京都と埼玉県に隣接しています。
かつての安房国、上総国、下総国からなり、起伏がほとんど無いことから「下総は山なし石なし川なしの国」と言われたほどで、千葉県内で海抜が最も高い場所でも500メートル未満という特徴があります。
ほぼ全域が房総半島にあり太平洋に面していることから、気候は比較的穏やかで、特に南部では冬期間でも霜が降りることがほとんどなく、夏も猛暑になることが少ないため避暑地とされています。
鮮魚の水揚げや多様な特産品が有名だったほか、利根川水運の発達も有り、江戸期から「台所」として発展、明治期以降は農水産業を主軸として、高度成長期以降は東京湾岸の首都圏の一部として工業化がなされ、大いに発展してきました。千葉市や船橋市のほか、松戸市や市川市、柏市など人口集中地域も多く、県内の総人口は全国都道府県で約600万人と6番目の多さを維持しています。

動脈硬化

動脈硬化の原因や症状、改善方法などをお届けしています。
www.doumyakukouka.info/